コーチコラム~子供はこうして成長する~

「大人目線」「子ども目線」


大人は子どもを「子ども」扱いしがちです。

「子ども」は大人よりも劣っていると。。。

大人の目線で子どもを見れば、それはそれはまだまだ至らないことが多く未熟です。

なぜならそれは様々な経験をまだ積んでいないから。

知識や社会への対応といった面では、まだまだ大人にはかないません。

しかし、余計な雑念がない分、子どもは子どもなりに良いところはたくさんあります。

大人では発想のできないようなことも思いつきます。

私たちがいつのまにか縛られてしまった「常識」という枠から外れた、とんでもなく素晴らしいプレーを考えたりします。

結果がうまくいったか、いかなかったか、という判断だけではなく、自由な発想を産み出した子どもの発想を褒めてあげる。

視点を変えれば、こどもたちを褒めるポイントはたくさんあります。

子どもの視野を広げる。

そんな柔軟な大人になること。

大人も子どもたちから学ぶべきことはたくさんあります。

 

寺田 隆将