コーチコラム~子供はこうして成長する~

チームって誰のもの?


チームって誰のものでしょうか?

プロのチームであれば、オーナーやスポンサー企業のものかもしれません。

では少年チームは誰のものでしょうか?

監督のもの?コーチのもの?保護者のもの?

考え方はいろいろあるかもしれませんが、

私は参加している子どもたち自身のものだ思っています。

 

試合に出て勝ちたいのは誰でしょう?

選手?監督?コーチ?保護者???

もちろん監督やコーチ、保護者の皆さんは子供たちに勝たせてあげたい。

・・・というより自分たちが勝ちたいと思われているかもしれません。

しかし本当はそれ以上に、試合で「勝つこと」「試合を楽しむ」気持ちを子供たち自身に持ってもらいたい。

またその権利を持っているのは他の誰でもなく「子供たち自身」なんだと思います。

 

学生や大人のアメリカンフットボールの世界では、選手が駒となることは多々見受けられますが、

(そもそもはアメフットはそういうスポーツなので・・・)

しかし、はたして子供たちが「駒(道具)」にされてまで勝つことが本当に正しいことなのでしょうか?

 

ときには勝つためのアドバイスは必要でしょう。

チーム組織として役割を遂行させることも必要だと思います。

 

しかし、「勝つこと」を考える権利までも子供たちから奪ってしまって、勝たせてあげることは本当に必要でしょうか?

自分たちの意思で戦って勝った時の「喜び」や負けた時の「悔しさ」ということも子供たちには経験してほしい。

子どもたちが主体的に「勝ちたい」や「楽しみたい」と思う気持ちを私は尊重したいと思っています。

 

寺田 隆将