コーチコラム~子供はこうして成長する~

上級生の責任


今や昔という話になりますが、大学生のときの上級生にはチームの結果を背負う責任がありました。
もちろん、監督やコーチにも責任はあると思いますが、学生主体で日々練習していた私たちには、試合に勝っても負けても上級生としての責任を感じていました。
例え下級生が失敗したとしても、それは上級生の指導が行き届いていなかったから。
交代する下級生が育ってないのも、練習で上級生が下級生のモチベーションを上げられなかったから。
今となっても尚、当時上級生だった自分たちの物足りなかった部分と自分たちの責任の重さを感じます。
それだけ「チーム」として継続して勝ち続けるということは難しいことなんだと思います。
自分たちで結果を出すことも大事であるとともに、自分ができることを「チーム」に対して残していくことも大切だということを改めて感じた「フラッグ大会」でした。