コーチコラム~子供はこうして成長する~

責任感


フラッグフットボールは基本5人で行うチームスポーツです。 チームの中には作戦を考える子、チームを纏める子など毎回違ったチームのリーダーが出てきます。 いつもは子供たちにそれぞれの役割を決めさせていますが、いつも大体高学年であったり決まった子がリーダーになってチームを纏めたり、作戦を考えたりしています。 リーダー以外の子は自分からリーダーをやろうとしないし、自分の事以外はやろうとしません。 そこで大人であるコーチがいつもリーダーをしない子にリーダーをやるように促すと、説明や纏める時間はかかってしまいますが、 一生懸命チームを纏めようとしてくれます。 リーダーをやるように促す時も『リーダーをやりなさい!』ではなく、『●●くんならリーダーできるよ!』 『リーダーをお願いしてもいいかな?』といったこちらが頼りにしているといった感じでお願いする事で 責任感を強くもってリーダーシップを取ってくれます。 ちょっと控えめな子も、どんな子であってもリーダーシップや責任感はあると信じています。 我々大人がどうせできない!と思うのではなく、まずは子供を信じてあげる事で子供は責任感を強く持ってくれると思います。